《葬儀の知識》上尾市での家族葬

上尾市の家族葬のマナー

上尾市の家族葬のマナーの写真

家族葬では、基本的には家族が出席したい人にしか見せません。

そのため、死亡を知らされても、連絡がない場合は葬儀に参列しないようにしましょう。家族葬の手配について連絡があったとしても、家族葬は故人の家族の立会いのもとで行うと記載されていたり、故人本人が任意で辞退した場合は出席しないのが礼儀となります。家族葬を行うことが書かれていて、葬儀の日時や場所が記載されていると、参列するかどうかの判断が難しくなります。家族が何を考えているのかわからない場合は、直接家族に聞いてみるといいでしょう。家族が香典や花を送ることを拒否した場合は、家族の意向を考え、香典などは送らないようにしましょう。葬儀案内に特に記載がない限り、準葬儀の服装(男性は黒またはダークスーツ、女性は黒のワンピースやスーツ)を着用しましょう。また、葬儀情報でカジュアルな服装が推奨されている場合でも、非公式な葬儀の服装をするのが正しいマナーとされています。ご家族で夕食にお招きした場合は、時間が許すならば食事中に故人との思い出を共有することをお勧めします。家族葬に参列する人の目安として、参列者は家族に連絡するまで家族葬に参列していることを伝えないようにしましょう。家族葬の情報をやり取りする人全員が思いやりを持っていれば、故人も安心してお別れすることができるのではないでしょうか。通常、家族葬と普通のお葬式では服装に違いはありません。葬儀服を着ることは、故人への愛情表現なので、葬儀の形に違いはありません。この場合の正式な喪服は、男性は黒のモーニングコートに波型の袴、女性は黒のワンピースに着物ということになります。ただし、家族葬の場合は家族葬なので、参列者の同意があれば私服でもOKです。無地の服ならそこまでフォーマルにならなくてもいいですし、男性ならモーニングコートの代わりにダークなビジネススーツを着てもいいですね。家族葬の場合は、喪主と参列者を大げさに分ける必要がないことが多いので、モーニングコートではなく、フォーマルなスーツのような服装でもOKです。フォーマルな喪服を選んでも、礼服を選んでも、大切な人は同じような服装をします。どちらの場合も、必ず親族で話し合ってから決めるようにしましょう。家族葬に何を着ていくかは、遺族の意見次第です。また、家族葬では、遺族がセミフォーマルな服装(正装ではない服装)で葬儀に臨むこともあります。家族葬に出席される方は、ドレスコードの指示がない限り、セミフォーマルな服装で出席されることをお勧めします。男性は黒やダークスーツを着用しますが、仕事から葬儀に行く場合は、靴下やネクタイを濃い色に変えた方が良いでしょう。女性の場合は、クリアスーツやワンピースの方が似合います。葬儀の服装やマナーについては、こちらの記事や動画を参考にしてみてください。家族葬では、通常のお葬式とは違い、お香典を持ってこない場合は断られることが多いです。何も言われなくても、報奨金が出ないことが多いです。迷っている場合は、必ず報奨金を用意して、家族の希望に沿った式に出席するようにしましょう。本人に言われていないからといって、家族葬に招待するのは失礼にあたります。友人として招待された場合は、仲の良い友人だったからこそ、故人を引き取った方が良いかもしれません。しかし、友達を誘うのは簡単ではありません。故人の家族が多くの人を招待したいと思っていても、式の関係上、友人の代表としてあなたを選ぶこともあります。家族が連れてくることを提案しても、1人か2人に限定し、無理に連れてくることはしないようにしましょう。家族葬の基本的なドレスコードは、通常のお葬式と同じ、黒の正装です。ただし、通知書には私服で来てくださいと記載されている場合があります。家族葬は不安な人しか参列しないので、遺族の判断で私服で参列することも考えられます。ドレスコードの要件がないことを確認するために、通知を常に確認してください。