《葬儀の知識》上尾市での家族葬

上尾市の家族葬の注意点

上尾市の家族葬の注意点の写真

家族葬でよくある質問の一つに、故人の家族や友人についての質問があります。

これらの問題点としては、「同じ友人であるX氏が葬儀に参列したが、通知を受けていなかった」などが挙げられます。 X氏の葬儀に招かれなかったのは、何と残念なことか!?といった感じで。それが将来のトラブルにつながる可能性があります。親戚や親しい友人などに説明して理解してもらうことをお勧めします。また、葬儀に出なかった人が葬儀後にお参りに来る可能性もありますので、その場合は個別に対応する必要があります。もちろん、故人や家族の希望に沿った葬儀にしたいものです。しかし同時に、葬儀は遺族以外の人にとっては「最後のお別れ」の儀式のようなものでもあります。その人たちに失礼にならないように、相手を下に置かないようにしたいのですね。家族葬に参加できない人のために、葬儀後に「お別れ会」や「偲ぶ会」を開いて故人とのお別れをすることもできます。家族葬の方が費用は安く済むのが一般的ですが、規模によっては通常のお葬式と同じくらいの費用がかかることもあります。香典を断ることは逆効果で、香典の持ち帰り費用が増える可能性があることを頭に入れておきましょう。また、葬儀プランやサービス内容にも注意が必要です。家族葬のプランはシンプルなものが多いので、必要なものが含まれていないと見落としがちです。葬儀社に申し込む前には必ず見積もりを依頼し、プランや内容を確認しましょう。葬儀届の範囲、家族葬で考えられる配慮と落とし穴について、砂の上に線を引いておきましょう。故人の年齢や雇用主の状況にもよりますが、家族葬の最後に、故人の大切な人が一人ずつ家に来てお参りに来てくれて、家族が対応しなければならないという話を聞いたことがあります。家族葬をする前にどの程度の告知が必要なのか、その後のことを考えておくことをおすすめします。家族葬というと、あまり費用のかからない式場と思われがちですが、必ずしもそうではありません。一般的に葬儀費用の約半分は式場の費用で、残りの半分は参列者の接待や宗教者への贈答品などです。家族の死別の場合は、「交際費」のみを減額することができます。お見舞い収入はあまり期待できないので、費用のほとんどは遺族(遺族)が負担することになります。しっかりとした葬儀プランを立てておかないと、結果的に予想外の出費が相次ぎ、必要な貯蓄に繋がらない可能性が高いです。故人が家族だけで葬儀をしたいと思っていたとしても、親族に手を差し伸べないのは難しいですよね。家族葬の後に家族だけで故人が亡くなったことを伝えると、親族や参列を望まない人から「もっと早く伝えなかったのか」「葬儀に招待しなかったのか」と批判される可能性があります。家族葬を検討する際には、今後の人間関係をよく考えましょう。特に、事前に親族や友人に許可を求める必要があります。家族葬の最後には、故人の葬儀に参列者を招待するために、親族の理解を得られない家庭もあるでしょう。また、「家族葬」をすることになった場合には、地域に知らせる必要があります。故人が働いていた場合は会社関係者がお参りに来ることが予想されますし、故人が地元に多くの人脈を持っていた場合は、近所の人が一斉に葬儀に来ることが予想され、場合によっては普通の葬儀と変わらない結末になることもあります。家族葬の後に大切なことは、葬儀に参列できない人は自宅でお参りをすることができますが、対応に追われ、一般の方に参列させておけばよかったと後悔したという話を聞いたことがあります。その理由の一つに、家族が故人のことをよく知らない可能性があるので、故人の友人・知人のことを事前に知っておくことが大切です。家族葬の場合、基本的には親族を中心とした限られた人としか話をしません。そのため、故人と親しい間柄であっても、事前連絡なしに葬儀を行うことは避けた方が良いでしょう。それでも故人との別れを決意した場合は、必ず事前に家族に連絡をしてから参列できるようにしておきましょう。または、式に出席できない場合は、故人の自宅に直接お参りに行くこともできます。この場合、家族の中には出席者への挨拶の準備を気にしている人もいるでしょうから、どうすれば出席者の負担を軽減できるかを考えておく必要があります。前述したように、家族葬は飲食代や返礼品にあまりお金がかからないため、費用が少なくて済む傾向にあります。ただし、そうではない場合もあります。要因の一つとして、家族葬でのインセンティブ収入の喪失が挙げられます。