《葬儀の知識》上尾市での家族葬

上尾市の家族葬の悪い所

上尾市の家族葬の悪い所の写真

家族葬の特徴は、家族で集まった人だけを招待し、特別な事情がある場合を除いて、通常のお葬式よりもはるかに小規模な葬儀を行うことです。

そのため、大きなお葬式をしたい親族がいる場合、最後のお別れをしたいと思っても反対される可能性があります。また、「どこまでお願いするか」などの問題もあります。また、特に一日葬や直葬の場合は、親族や宗教者にも理解してもらう必要があるので、事前に確認しておくと良いでしょう。親族に声をかけられず、参列しないことにして、後から葬儀で焼香を申し出ることも珍しくありません。しかし、家族葬であれば、家族の都合や参列時間に合わせて対応する必要があります。また、香典返しは家族が断ることもありますが、将来的にお参りした人は不祝儀を持参することもあります。そうなると、もちろん香典返しは家族が用意しなければなりません。家族葬では、家族が死亡を知らせる人数を制限することが多いです。その結果、弔問に来る人が減り、弔慰金の収入が減ることも少なくありません。葬儀費用のほとんどが香典で賄われているため、より大きな割合で葬儀費用を持ち出すことができます。葬儀が終わってからでないと死亡の事実を知らず、故人の自宅にお参りに行くケースもあります。思いがけない訪問は、慌てて部屋を片付けたり、香典返しの準備をしたりして、思わぬトラブルや出費を招く可能性があります。地域や故人や遺族の状況によっては、葬儀客や親族に家族葬が受け入れられない場合もあります。「故人の扱いが悪かった」、「みんなにお別れを言いたかった」など、伝えられたメッセージが不公平なものであると、遺族は葬儀に不満を持つ可能性があります。家族葬に「親しい友人や家族だけ」を招待する基準は非常に曖昧です。まず、「近い」というのはあくまでも個人的な感覚です。つまり、誘われる人と誘われない人の線引きが難しく、「なぜ誘われなかったのか」という不満が出てくることもあります。そうならないためには、葬儀前に故人を知っている人全員に連絡する必要があります。先に連絡をしておけば、後から連絡をするよりも状況を理解してくれて、トラブルに巻き込まれにくくなることが多いです。連絡がなかったからではなく、連絡がなかったからイライラしている人が多いです。葬儀に家族しかいないということは、故人とのお別れに立ち会えない人が増えるということです。そのため、一般的な葬儀よりも自宅にお見舞いに来られる方が多いかもしれません。一斉に来訪者が来るのではなく、目立たないように来訪者が来るので、遺族が対応する機会も増えるでしょう。相続関連の手続きも同時に行わなければならず、負担は小さくありません。また、故人を知っていたとしても、知らない人を家に招き入れるのは気が引けるかもしれません。家族葬のデメリットとしては、告知しようとしている人の範囲が狭くなってしまうことです。通知を絞りすぎると、知らない人から「故人とのお別れをしたいのか」「なぜ誘わなかったのか」と聞かれてしまうことがあります。と聞かれることがあります。葬儀が終わってからお参りに来る人も多く、それが難しい場合もあります。喪主の多くは、いつ誰がお見舞いに来るのかわからず、葬儀の余韻に浸りながらも思うように帰れないという方が多いようです。また、喪主が故人の近くにいたとしても、遺族は知らないかもしれません。故人を偲ぶことができるのは嬉しいことですが、自宅に見知らぬ人が来ることに慣れていない人も少なくありません。家族葬に参加できる人数に制限はありません。多少人数が増えたとしても、故人の友人・知人のことを考えてから葬儀の参列人数を決めた方が良いでしょう。葬儀後に自宅を訪れるご遺族も多いでしょうから、早めに対処法を考えておく必要があります。場合によっては、「なぜ連絡しなかったのか」と文句を言われることもあります。故人との関係性や今後の関係性を考えてから、葬儀の招待者を決めましょう。故人が亡くなった時に家族葬があることを伝えていたとしても、葬儀当日に参列してほしいという人もいるでしょう。返礼品や料理の手配に追われて、相手のリクエストを断れないこともあるでしょう。葬儀に参列する人数が限られているため、受け取る香典の総額は一般的な葬儀よりも少なくなることが多いです。その結果、一般的な葬儀よりも多くの金額を支払うことになるかもしれません。故人とのお別れができないなど、出席できないことを残念に思ったり、残念に思ったりする人もいるでしょう。解決策としては、家族葬の目的を事前・事後に十分に明確にしておくことです。場合によっては、「故人の意向に沿った葬儀」であることを明記することで、イライラを避けることができます。地域によっては、近隣住民を巻き込んだ風習や伝統が残っているところもあります。そのような地域では、家族葬の習慣が守られていないため、近所の人から苦情が出ることもあります。まずは、葬儀を行う地域の風習や伝統を知ることが大切です。事前に葬儀社に相談しておくと良いでしょう。もう一つの解決策は、葬儀を行う前に地域の社長さんに相談することです。家族葬の後、故人の死を知った人が自宅や会社に訪ねてくることがあります。ほとんどの場合、これらの訪問は不定期であり、家族にとってはかなりの負担とストレスになります。一つの解決策としては、家族葬の最後に、弔電や弔慰金は受け付けない旨の通知を送ることです。それでも弔問に来る人もいるので、家族はすぐに対応できるように返礼品をストックしておくと良いでしょう。家族葬では、一般参列者からのお悔やみを受けることはありません。そのため、家族葬では通常の葬儀よりも、実際に家族が支払うことになる金額(持ち出し金額)が大きくなることがあります。解決策は、葬儀社に実費の見積もりを依頼することです。実際の費用が予算的にきつすぎるようであれば、葬儀の内容を見直すのも一つの解決策です。家族葬のデメリットとしては、周囲の理解度を意識する必要があります。比較的新しい葬儀の形として、高齢者や親族の理解を得ることが難しく、故人との別れを惜しむ人もいるでしょう。そのため、家族葬では死亡通知の告別式を通して故人の理解を意識することが大切です。場所によっては葬儀に参列する人が少なくなり、結果的に香典の収入が減る可能性があります。葬儀費用のほとんどを香典代で賄うことになるため、葬儀費用の面で葬儀社の実質的な負担を増やすことができます。お住まいの場所や、故人や遺族の状況によっては、家族葬という形式に抵抗があるかもしれません。その可能性がある場合は、必ず事前に相談して理解してもらうようにしましょう。また、葬儀に参列しなかった近所の人や友人が、葬儀後に故人の自宅でお参りをすることも考えられますので、そのような事態にも備えておく必要があります。